【シアトル=小川義也】米マイクロソフトは11日、基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」を今秋に全面刷新すると発表した。動画編集機能などを強化するほか、ウィンドウズを搭載したパソコン(PC)と米アップルや米グーグルのOSを搭載したスマートフォン(スマホ)との連携機能を導入する。

マイクロソフトの開発者会議でウィンドウズ10の新機能を説明するマイヤーソン上級副社長(11日、シアトル)
画像の拡大
マイクロソフトの開発者会議でウィンドウズ10の新機能を説明するマイヤーソン上級副社長(11日、シアトル)
 シアトルで開催中の年次開発者会議「ビルド」で、ウィンドウズ部門を統括するテリー・マイヤーソン上級副社長らが明らかにした。

 「フォール・クリエーターズ・アップデート」の目玉の1つは、「ストーリー・リミックス」と呼ぶ動画編集アプリ。人工知能(AI)の画像認識技術をフル活用し、誰でも簡単に動画を編集できる。

 たとえば、運動会の動画で自分の子どもを「主役」に設定すると、AIが自動的にその子が映ったシーンを抽出し、BGM付きのダイジェスト動画を作ってくれる。BGMを変えると、曲調に合わせて各シーンを自動的に並べ替えてくれるほか、手書き文字や3次元(3D)のアニメーションを挿入することもできる。

 ウィンドウズPCで作成途中だった文書を、アップルのスマホ「iPhone」で開いて作業を続けられる他社端末との連携機能も導入する。従来はウィンドウズを搭載した端末同士に限っていたが、スマホ市場におけるウィンドウズフォンのシェアが低いため、現実路線にかじを切る。

 連携機能を利用するには、他社OSの端末にもマイクロソフトの会話型AIアプリ「コルタナ」をダウンロードする必要がある。

 このほか、ウィンドウズのアプリ配信サービス「ウィンドウズストア」から、アップルのデジタルコンテンツ配信・管理サービス「iTunes」のアプリをダウンロードできるようにすることも明らかにした。

 2015年7月に提供を始めたウィンドウズ10の全面刷新は昨年8月、今年4月に続き3回目となる。大幅に機能を強化することで、世界で稼働台数が5億台を超えたウィンドウズ10の普及拡大を目指す。


2017/5/12 3:36
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN11H36_R10C17A5000000/

コメント一覧
また変わるんですか
見た目がスパイウェアにしかみえない
そんなものは望んでいない
まともに動くOS作れや
ファイル名まで送信するスパイ機能が嫌で7のままなんだけどまだ生きてるの?
いまさらお金払ってまで10にする価値もないけど
どんどん機能が強化されて楽しいよね
非常にいいOSだな

フリーズ多発で
阿鼻叫喚と
俺なんてプライベートでしか使ってないから何度アップデートあろうが
構わないけどさ、企業とかで使ってたら大型アップデートの繰り返しで
仕事にならないんじゃない?どうなんだろう?
どっかの誰かは欲してるのかもしらんが自分には不要無用な機能やなぁと
どっちかというとシンプルというかOSはソフトの土台とであるべきと思うし
月曜日に始まるバックアップ辞めてくれよ、古いPCだとしんどい。